2016年05月21日

万人預言者

                 
                   万人預言者
                 
                 使徒2:17〜18


 ペンテコステの日に起こった出来事は、キリスト教の歴史の中でも非常に大切です。それは新しい時代の幕開けでした。旧約時代は、主に父なる神が表に出てくださっていました。それからキリストが誕生され、子なる神のお働きに焦点が集まりました。それがこの日を境に、聖霊なる神のお働きに重点が移っているのです。
 昇天されたキリストが、「別の助け主」である聖霊をお送りくださって、弟子たちの交わりの内に住んでくださるようになったことにより、弟子たちの一団は単なる人間の集まりではなく、聖霊の宮、教会となり、キリストの体となったのです。
 またそのとき、預言者ヨエルの預言が成就し、すべてのクリスチャンは預言者とされたのです。そのときまでは、特別に神の霊を注がれた少数の人だけが、預言者になることができたのですが、このときから、すべてのクリスチャンが預言者とされるようになったのです。

T.預言者の意味 

 今のキリスト教会には、「預言者」を自認して、「神はこう言われる」と宣言して回る人たちが大勢います。ある教会では、預言者の学校を開き、預言の練習をしているということです。大勢の人がその預言といわれるものに惑わされ、さまざまな問題に陥っています。いま預言者を自認する多くの人が言う預言者は、新約聖書が言う預言者とは意味が違います。
 預言者というのはふつう、神様からの直接の啓示を受けて、それを語る人と考えられていますが、実はそれだけではありません。神からの直接の啓示がなくても、普段から神のみ心を正しく学び、人々に教える役割を担っていたのです。
 いまは聖書が完結しています。神が人間に伝えようとされる基本的なことは全て、聖書に記されているということです。ですからいまは、聖書が完結していないときとは違い、新しい啓示や預言の必要性が、小さくなっています。そのため現在は、直接の啓示が頻繁にあるわけではありません。現代の啓示の多くは、聖書をしっかりと学んでいれば必要のないものです。聖書をまだよく知らない人に、特別な助けとして啓示が語られて、預言となることが普通です。従って、聖書の教えに反する預言はあり得ず、聖書が語っていない、新たな重大な出来事についての預言もありません。ところかまわず預言をして歩く人、聖書の原則に反した預言をする人、聖書に書かれていない重大事について預言をする人は、すべて偽の預言者です。彼らの言うことを聞いてはならないのです。

U.神の言葉を語る 

 預言者の絶対の条件は、神の言葉を語るということです。直接の啓示の場合もあれば、常に神のみ心を学んでいて、それを語り、広い意味で神の言葉と認められる場合もあります。日本語聖書の多くが予言という普通の言葉を使わず、預言、つまり神から預かった言葉を語るという意味にしているのは、そういうわけです。(聖書の原語の意味からすると予言が正しい)
 では、預言者は聖書学者とどこが違うのでしょう。旧約の時代にも、聖書をしっかりと勉強して神の言葉を語ることができた聖書学者たちがいました。彼らが預言者とは認められなかったのは、彼らの学びと教えには、聖霊の直接の介入が認められなかったためです。そのために彼らの教えは、あたかも講義のようでした。
 現在でも聖書学者はたくさんいます。聖書を真剣に学んでいる牧師たちも大勢います。彼らが預言者と認められないのは、学ぶときも語るときも聖霊の介入を期待せず、また認めず、人間の知的理解として語るためです。それでは講義と変わりがないのです。
 聖霊のお働きを強調するペンテコステ派の正しい教会では、聖書を学ぶときも、聖霊の助けと導きを祈り求め、期待します。語るときにも、その言葉が本当に生きた言葉となって、聞く人に訴えるように祈り期待します。すると、聖霊が導いてくださって、聖書の教えに深い意味を見出し、必要な人に必要な言葉を必要なときに、聖霊の感動に押し出されて、語ることができるようになります。すると説教も個人伝道も証も、単なる人間の言葉ではなく、預言となるのです。

V.  聖霊の励ましによって神の言葉を語る  

 今の私たちはみな預言者となって、神の言葉を語ることができます。また、語るように期待されて、聖霊の励ましを受けています。全てのクリスチャンが預言者になれるのです。いまやそういう時代になっているのです。しかし現実には、ほんの一握りのクリスチャンが、預言者になっているだけです。どういうことでしょう。
 救いは全ての人に提供されているのに、それを実際に自分のものにするのはわずかだけです。異言も全てのクリスチャンに開かれている賜物です。でも、全てのクリスチャンが異言を語るのではありません。
 私たちは救いをいただきました。ですから、異言で祈ることができるようになりましょう。そして、大胆に預言をすることができるようになりましょう。私たちが神の預言者となって、神が準備してくださった救い、キリストが命を犠牲にして完成してくださった救いを、聖霊の感動を感じながら、大胆に語って行きましょう。
 ただ聖書を読み勉強するだけではなく、聖書を書かせてくださった聖霊の導きと解き明かしを期待し、祈りながら読み、祈りながら学びましょう。聖書の教えや聖書の言葉をだれかに語るとき、ただ語るのではなく、聖霊が正しいときに正しい人に正しく語らせてくださることを期待して、祈りながら語りましょう。すると、聖霊が私たちの心を感動させ、聞く人の必要にあわせて、大胆に語らせてくださるようになります。そのとき、私たちの言葉は預言となるのです。神は全てのクリスチャンが預言者となって、キリストが十字架でを通して完成された福音を、全世界に宣べ伝えることを期待しておられるのです。



posted by まさ at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。