2013年09月19日

祈りの本筋


 人間はあらゆる動物の中で唯一、祈る動物です。祈るということが人間である証拠です。したがって、祈ることは人間である証明です。人間は神に似せて造られ、神と会話をすることができる能力、資質、あるいは性質を与えられているからです。世の中に宗教が溢れ、神の存在を否定する人でさえ、宗教心を否定できないのはそのためです。


T. 天真爛漫な創造者との会話  

 祈るというと、とかく、困ったときの神頼みといわれるように、お願いや訴えを思い浮かべますが、それは、罪によって人間社会が敗退し、さまざまな苦しみや悲しみや痛みによって、人生が醜く変形させられてしまってからのことです。本来、神がお造りになった完全な世界の中では、人間は、お願いや訴えなどを持つこともあまりなかったはずです。神が人間との関係で期待しておられたのは、暖かく穏やかな交わり、心の交流です。人間は神に造られた幸いな命を謳歌し、毎日を喜び楽しみ、神に感謝と賛美を捧げながら生きることです。そのような人間の幸せな毎日をご覧になり、それを愛で、慈しんでくださり、人間の感謝と賛美を喜んでお受けになるのが、人間をお造りになった神の目的です。つまり、何のことはない、平穏で満ち足りた毎日、親と子が楽しく戯れるような神との関係こそが、神が意図されたことです。
 
 それは、神のみ前に生きていること、神のみ手の中に生かされていることを感じ、その中に安んじ、おおらかに自然を楽しみ、与えられている物事に感謝し、歌いながら生きることです。

 罪に破壊され悪魔の支配下で苦しむ現在の私たちの生活の中でも、成長したクリスチャンはそのような神との交わりを楽しみ、安んじ、心豊かに生きることができるのです。ただし、それは一朝一夕で達成されることではありません。困難や悲しみ、痛みや苦しみを通して会と交わり、神の愛と力を体験し続けることによって、作り上げられるものです。


U. 悪魔の支配下で生きる中での神への信頼の表現  

 私たちの祈りは、分からない人が聞くと、お願いや訴えや泣き言や不平の羅列に過ぎないかも知れません。それでもいいのです。もともと、私たちは立派なお祈りなどができる優等生ではありません。出来損ないで良いのです。だからこそ、神様の哀れみに期待するのです。私たちの祈りは、自分の無力さ、非力さを悟って、神に信頼することなのです。祈りは、神への信頼の表現です。祈りは信仰なのです。めちゃくちゃな、支離滅裂な祈りでも、神はきちっと理解してくださいます。とんでもない祈りでも、神はきちっと聞き、正しくお応えくださいます。心配無用です。神は祈りの言葉ではなく、祈りの心を聞いてくださるからです。だから、信頼して祈るのです。
 
 神を信じることができないというのは、祈ることを知らない人の言うことです。祈っているけど信じられないという人は、お祈りをしているのではなく、心で念じているだけ、祈念しているだけです。祈りは念じることではなく、神に対して話しかけること、話しかける対象をはっきりとさせ、訴えることです。念じることにもある程度の力があるかも知れません。しかしそれは所詮有限の人間の念に過ぎません。祈りを聞き、それを叶えてくださるのは、天地をお造りになった全能のお方であり、キリストをさえ惜しみなく与えてくださった愛のお方なのです。ですから心で念じる祈りではなく、この天地の創造者を信頼して話しかける祈りをしていくならば、必ず応えられ、信頼できることが分かってくるのです。


V. 罪の滅びの世界での祈り 

 聖書を表面的に読むと、神の天地創造の目的、人間の創造の目的に気づくことは困難です。聖書は基本的に罪のために滅びに向かっている人々を救うために与えられた、救いへ導く書物だからです。キリストの生涯と教えも救いが中心でした。パウロを中心にした弟子たちの教えも、神の救いが中心でした。ですから、祈りもまた、救いと助けに焦点が向けられていました。祈りだけではなく、活動も救いに関わるものであり、人生そのものが人々の救いのためとなっていました。それはそれで非常に尊いことです。私たちも人々の救いのために祈り、自分の人生を捧げて行きたいものです。一人でも多くの人が永遠の命を得、神が意図された幸いな人生を送ることができるように、してあげたいものです。

 とはいえ、救われた人々がいただく永遠の命とは何でしょう。突き詰めていくと、神が最初に意図されていた、神との豊かな交わりを楽しむことができる命です。神の恵みを燦燦と受け、神を力いっぱい褒め称える、尽きない交わりの人生です。

 私たちはまだそのような永遠の命、完全な救いを手にしていません。しかし今、それを少しだけ味わうことができるのです。それが祈りによる交わりの中にあるのです。

 お願いでも訴えでも、不平でも不満でもかまいません。神に信頼して語りかけましょう。すると神の答えが与えられ、神が信頼に足る方であることが分かります。すると、神に感謝したくなり、褒め称えたくなります。感謝と賛美こそが祈りの本筋です。





posted by まさ at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。