2013年08月16日

心の声を聞く


    ローマ 2:13
 昔から私たちは「心の声」だとか「良心の叫び」などという表現を用いてきました。それは理論や理屈を越えた、あるいは理性さえ超えたところにある、人間としての存在の最も深いところで鳴り響いている声、あるいはそこから絞り出される叫びです。
 ふつう、私たちはこれらの言葉あるいは表現について、深く考えることはしません。しかし、聖書の教えに照らして考えてみると、とても深い意味があり、日本人が天地を創造されたお方、人間を創造されたお方について理解するために、非常に分かりやすい道筋です。


 T. 人の心の声  

 多くの人が、自分の「心の声」に動かされています。ずるいことをすれば得をすると分かっていても、そんなことをしてはいけない心が言います。誰も見ていなくても、正しく生きるべきだと心の声がささやきます。困っている人を見ると、助けるべきだと語りかけてきます。しばしば私たちはそのような心の声を無視し、見てみないふりをしてきましたが、そのたびに心が痛んだのです。
 
 保育園の子供たちでも親切をしている友達を見ると、その子に対して親切をする傾向が強いと、NHKのTV番組が語っていました。親切をしなかった子供、何もしなかった子供に対するよりも、10倍以上の親切をすると、実験ではっきりしたそうです。情けは他人(ひと)のためならずと言われたことが、幼い子供にも通用しています。彼らにも心の声があるのです。
 
 ところがプロテスタント教会は、昔から人間の罪の性質を強調して、原罪などという神学を生み出し、すべての人間は罪に穢れているため、社会が悪くなっていると言い続けてきました。人間の美しいところ素晴らしいところに、あえて気づかないで来たのです。罪の悔い改めがないと救いを得ることができない、だから罪を明確に語らなければならないと考えたためです。その結果、プロテスタントのクリスチャンは、さまざまな意味で後ろ向きになっています。

 確かにすべての人間は罪人です。しかし聖書は、人間の罪だけではなく、聖さ、美しさも教えているのです。その原点は、人間が神の姿に似せて造られたという事実にあります。人間はすべて、神の性質を与えられているのです。その聖さ、正しさ、優しさのゆえに、清く生きようと願い、正しさを求め、哀れみを持ち、仲良くしたいと思うのです。罪のために、神に似せて造られた人間の性質は捻じ曲がり、壊れてしまいました。しかしまだ原型を保っているのです。完全に破壊されたのではなく、まったく消滅してしまったのでもないのです。神の聖さの前には不完全になり、罪人となり、神の恵みを受けられなくなり、永遠の滅びを運命とするようになったとしても、まだまだ、神に似せて造られた性質が、人間を教え導いているのです。その性質が、心の声、良心の叫びとなって、聞こえてくるのです。


U. 人の心の求め 

 人間が神に似せて造られたとういうのは、神と交わることができるということです。清く正しく愛と哀れみをもって生きるだけではなく、神の霊の性質を持っているために、人間は神と交わることができるのです。さらにそれは、単にできるということではなく、神との交わりを求めて止まないように、造られているのです。だから人間はすべて、何かを礼拝したいという願い、誰かを崇めたたえ、感謝しながら生活したいと望むのです。

 日本人の多くは、「神はいない」などと言いますが、心の中には礼拝したいという消えない欲求があり、神と交わりを待ちたいという強い願いがあるのです。だから日本人は宗教心そのものを非難したり、宗教自体の悪口を言ったりはしないのです。日本人が神はいないとあざ笑っているのは、ほとんど、八百万の神々のことであって、心の中に感じる、大きく気高く情け深く、哀れみに満ちたお方のことではありません。そのお方のことは、密かに大切にしているのです。

 ほとんどの日本人は、生かされていることに感謝し、食べものを与えられ、住むところを与えられ、家族を与えられ、山と海と空とを与えられていることに、「ありがたい」「かたじけない」と感じているのです。ただ日本人は、その心をどう表現したら良いのか、あまり知らないだけです。また、誰に向かってありがとうございますというべきかも、分からないでいるのです


V. 日本人が良くわからないまま崇拝しているお方を明らかにする 

 大切なのは、日本人の宗教や宗教心を非難することでも敵視することでもありません。その心にある、神の姿に似せて造られた部分を認め、大切にしてあげることです。たとえのその宗教は間違っていても、その宗教心が幼稚であっても、それを大切にし、それを通して天地創造のお方について語り、紹介していくのです。(使徒 17:23)

 私たちが信頼している天地の創造者は、日本人がまったく知らないお方ではありません。日本人がまったくなじみのないお方を、礼拝するように勧めているのではありません。むしろ、日本人が昔から折に触れては感謝を捧げ、敬い崇拝して来たお方について、もっとしっかりと理解して、正しい感謝の仕方をするようにお勧めしているのです。

 そうすることによって私たち日本人は、さらに豊かな生活、喜びと感動と感謝、生きがいに満ちた生き方ができるようになるのです。天と地とその中のすべてをお造りになったお方が、私たちを愛しておられることが明らかになり、その愛を感じることができるようになるためです。

 日本人は律法を持たず、聖書の教えを知らないままに、見えない栄光の神を見えない栄光のまま、礼拝してきました。人や動物の像に似せて偶像を作るような愚かなことはしなかったのです。それが、非キリスト教国である日本が、神の祝福と恵みを受け続けて来た理由です。それが、日本人の倫理観の高さや平穏な社会につながっているのです。(ローマ1:18〜32)

 このような日本人を裁くのは旧約聖書の律法ではありません。新約聖書の教えでもありません。それは日本人自身です。日本人の中にある神に似せて造られた部分です。(ローマ2:12〜15)やれ偶像礼拝だ、それ間違っていると、日本の精神的土壌である神道を、律法や新約聖書の教えをもって非難するのは、お門違いなのです。

 日本人の心が、神に似せて造られときの姿の多くを保持していることを認め、それを通して、天地の創造者であるお方を紹介し、さらにこのお方の人間に対するお心を語り、このお方をしっかり信頼することを教えてあげたいと思います。そのようにして、救い主であり、贖い主であるキリストを紹介する道を、整えて行きたいものです。





posted by まさ at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

アブラハムに倣う


創世記 15:6

 私たちはキリストの証人です。いつでも何処でも、キリストについて証をします。そのとき、ただ一方的に語るのではなく、立場を変えて証を聞く人たち、伝道される人たちの側に立って考えて見ることが大切です。大概の日本人は、聖書のこともキリストのことも神のことも、ほとんど知りません。ですから、聖書の物語を読むとき、今の日本人のような環境にいた人について学ぶと、とても役立ちます。


T. 神に近づいていただいたアブラハム  

 アブラハムは、始めから天地をお造りになった神を信じていたのではありません。アブラハムが生まれ育った環境は、いろいろな神々が信じられていて、特に月の神が敬われていたと知られています。アブラハムも、周囲の人たちと同じような宗教観、神観を持っていたことでしょう。

 しかし天と地をお造りになったお方は、アブラハムのまじめな宗教意識、あるいは生き方を見て、ご自分の偉大な救いの計画を遂行するために彼を選び、近づき、語りかけてくださいました。神を信じるためには、神についての最小限度の知識が必要ですが、アブラハムには神の側からの直接の語りかけがあったのです。

 アブラハムの場合は、頭の理解よりも神とのお付き合いで深まった、体験による知識でした。たとえ神についてあまり知らなくても、多くの神々の中から、私はこの神を選んで仕えると言う態度です。そこで神は「アブラハムの神」という呼ばれ方をお許しになったのです。

 いま、日本人に伝道しようとする場合、あまり神についてこまごまと教えても始まりません。それよりも、神を信頼したら、神にお祈りしたらどんなに良いことが起こるか、どんなに素晴らしい生活が出来るかをお話し、この神を選ぶようにお勧めすることです。その場合、私たちの証、体験をお話することがとても役に立つのです。

 神に近づいていただくには、神を信頼するのが最善なのです。


U. 神とお付き合いを始めたアブラハム  

 新約聖書の時代には、ユダヤ人の宗教的背景がありましたから、「救い」ということ、特にイエス様を信じる瞬間に救われるという点が、強調されていました。また、長いキリスト教の背景がある西欧の文化の中でも、救われる瞬間が強調されてきました。しかし、聖書を読むと、いつも必ず救いの瞬間が分かるというものであったわけではありません。救いは一つの長いプロセスの中で起こることで、それがいつであるか、私たちの側からは的確に言うことができない場合も多いのです。

 アブラハムは救われるということには関係なく、まず神とのお付き合いを始めました。その中で、彼の宗教的な資質とでもいうべきもの、自分が仕えると決めた神に対する忠実さこそはっきりしていましたが、多くの点で欠点だらけでした。いろいろな失敗を経験しながら、アブラハムはさらに深く神について知り、信頼を深めていったのです。

 私たちも、日本人に伝道しようとするとき、神とのお付き合いの期間、つまり学びまた知る時間を大切にしなければなりません。多くの日本人には、神を信じているのか信じていないのか、自分でも良くわからない期間があるのが普通です。そのような期間に、私たちにとって大切なのは、仲良くお付き合いを続け、励まし、助け、教えてあげることです。

 信仰が分からなくなったり、神の存在に疑いが生じたり、自分の醜さや失敗に失望したり、あるいは出来損ないのクリスチャンに、がっかりしたりするものです。自分も他の人からは「クリスチャン」として見られ、そのフラフラした生き方に、「なーんだ」とがっかりされていることにも、気づかないことが多いのです。


V.神を信頼したアブラハム  

 アブラハムが義とされた、つまり救われたのは、だいぶ長い間神とのお付き合いを続けてからの出来事です。聖書の記述では、あたかも子供が与えられると信じた瞬間、アブラハムは義とされたかのように読めますが、むしろ、神はもっと早くからアブラハムの信頼を喜び、それを受け入れ、議と認めておられたけれども、あのときの出来事を契機として、義と認めたと明らかにされたのではないかと思われます。(義とされるとは、裁判用語で、無罪と認められる、正しい者と認められるということです。聖書では神がその人を正しいと認めて受け入れてくださる、つまり救われることの別の表現です)

 アブラハムが義とされたのは、彼が神の目の前で何か良いことをしたからではありません。功績を積み重ねたからではありません。ただ神を信頼しただけです。神は信頼されることを最もお喜びになり、その信頼を受け入れ、義と認めてくださったのです。

 私たちも、まず神を信頼すること、信頼しながら生活をすることを、教えてあげなければなりません。それは何かにつけて神に、祈り、願い、頼って生きることであり、神に喜ばれる生活をしようとすることです。普通の生身の人間に、神の教えを守り抜くことは出来ませんが、神に信頼しながら、祈りながら生きていくと、不思議なことに、できるようになっていくのです。神が助けてくださるからです。


 W. キリストによる救いを受けたアブラハム 

 アブラハムは、キリストがお生まれになる2千年も前に生きた人です。でも、アブラハムもまた、キリストによる救いを受けたのです。キリスト以外に、人を救うことができる方はいないのです。時代を超えて、すべての人はキリストの十字架の贖いのゆえに救われるのです。アブラハムがキリストを知っていたかどうかは、問題ではありません。彼は、全く知らなかったはずです。でも、神がキリストをご存知で、そのキリストのゆえに、アブラハムを受け入れることが出来たのです。

 今私たちは日本人に語るとき、キリストという名を始めから持ち出す必要はありません。アブラハムの例に倣うなら、キリストを知らなくても救いは得られるのです。神を信じればよいのです。私たちが証をする相手が、日本人と言うことを重く考えるなら、神という言葉も不適当かもしれません。

 日本人の多くは、「聖書の神」とはまったく別の神意識を持ち、神の実在を信じていません。日本人にとって「神」とは、人間よりちょっとだけ上の力を持っているものに過ぎません。だから八百万の神々と言いながら、それらの神々の存在を馬鹿馬鹿しいと感じて信じてないのです。神は存在しないと日本人が言うとき、そのような神を意味しているのわけです。ですから、天地を創造された神を「神」と翻訳してしまったのは、大きな躓きになっているわけです。

 日本人の多くは神はいないと言いながら、心の奥深くで、大きく、気高く、清らかで、恵と憐れみに富むお方の存在を感じています。「なにごとのおわしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる」という感覚を持っているのです。その、言葉でも絵でも、彫刻でも表現できない、「かたじけない」と感じる見えないお方こそ、聖書が教えている天と地をお造りになった方だと教えてあげ、その方を信頼するように勧めてあげればいいのです。

 日本人も、頭では神を理解できなくても、アブラハムのように神とお付き合いを始めることによって、神を体験で知ることができます。そして神を信頼すれば、キリストによる救いを受け、神に義と認められて、神との交わりを回復され、永遠の命をえることが出来るのです。キリストのことは、その後、ゆっくりとお話してあげればいいのです。




  
posted by まさ at 10:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どう祈ったら良いのでしょうか

 
       マタイ6:5〜15

 あるとき弟子たちは、どう祈ったら良いのかとイエス様に尋ねました。そこでイエス様がお教えになった祈りの模範は、非常に簡単ですが、内容の濃いものでした。それは間違いなく、素晴らしい祈りのひとつの模範です。でも、祈りはそれだけではありません。実にたくさんの種類の祈りがあり、さまざまな形があります。


T. 簡潔な祈り  

長い時間祈ることが、立派な信仰であるかのように言われることがあります。確かに、祈りに一日を費やし、祈りに人世をささげることも素晴らしいものです。しかしその一方でイエス様は、異邦人のようにくどくどと祈ってはならないとも教えておられます。祈りは自己暗示ではありません。神様への語りかけです。お題目を唱えるように、同じフレーズを幾度も繰り返し、自己陶酔や恍惚に陥ってはならないのです。たとえ、一日を費やして祈る場合でも、くり返しの祈りではなく、詳しい内容の祈り、あるいは多くの課題の祈りでなければなりません。祈りは練習です。
 
 大切なことは、くどくど、だらだらと祈るのではなく、祈ることをしっかりとまとめて、熱心に祈ることです。その熱心さが募って長い祈りになっても、それはそれで素晴らしいことです。短くすることではなく、端的にしかも熱心に祈るのが良いのです。
 
 また祈りには、@お願いの祈りと A感謝の祈りと B賛美の祈りがあります。私たちはお願いばかりして、感謝を忘れがちです。さらに賛美の祈りとなると、めったにしません。でも一番大切なのが賛美の祈りです。神様は賛美にふさわしい方です。祈りは訓練です。


U. 聞く祈り  祈りは神様に語りかけることです。しかし一方的に語りかけるのではなく、神様の語りかけを聞く態度が必要です。祈りは神様との会話でもあるのです。自分が語り終わったら、静かなときを持って、神様がお語りになるのを聞くのです。

 神様は今も、耳に聞こえるように答えてくださることもあります。しかし聖書が完結している現在、心に語りかけてくださることが普通です。実際は、聖書の言葉や教えを思い出させて下さったり、信仰の判断をさせてくださったり、良心でわきまえることが出来るようにしてくださることが多いのです。理解力を加え、勇気を与え、実行力を加えてくださることもあります。自分が語りたいことを語り終わったら、語りっぱなしにしてすぐに立ち上がるのではなく、じっくりと、あせらずに、神様のお答えを待つ姿勢が大切です。神様のお答えを聞き取ることができるようになりましょう。祈りは鍛錬です。

 ただし神様に聞く場合、自分の思いや考え、あるいは人の意見を神様の答えと間違えてしまわないように、気をつけなければなりません。心に思い浮かぶことが、みな神様のお答えなのではありません。思い出された聖書の言葉が、神様のお答えだとは限らないのです。大切なのは、聖書を通してご自分を啓示してくださっている、神様のお姿、お考え、み心の基本を、しっかりとわきまえ、そこから物事を判断することが出来るようになっていくことです。祈りは修練です。


V. 信仰による祈り  

 祈りの要素として最も大切なのは、信頼です。神様に信頼してお願いするのです。本当に信頼しているならば、幾度も繰り返してくどくどとお祈りしません。パウロも、自分の肉体のとげが取り去られるように「三度も」祈ったと言っています。「三度も」なのです。『三度しか』ではありません。

 でも、アブラハムは神様に対する強い信頼があったればこそ、ソドムとゴモラが滅ぼされないように、神様に食い下がって幾度も繰り返して交渉しました。どちらの場合も、神様に対する信頼が鍵です。神様への信頼が無い、お題目を繰り返す祈りは祈りでないのです。神様は、私たちが求める前に、私たちに必要なものはご存知なのです。


W. 交わりの祈り  

 神様が喜んでくださるのは信頼です。言い代えると、心の交流です。神様が人間を神様に似せて造ってくださったということは、人間が神様と交わることが出来るようにもくろまれたということです。神様は始めから、人間が神様と心を通わせ、神様との暖かい交わりを喜ぶようにとお造りになっているのです。その交わりを、神様もまたお喜びになるのです。
 
 私たちはもっと神様との交わりに時間を用い、毎日の生活のあらゆる位置で、神様を思い、神様に語りかけましょう。それはお願いよりも、感謝と賛美に繋がります。もっともっと自然の中に飛び出して、自然を通して自然をお造りになった神様を感じ、感謝をしましょう。

 空の青、海の藍、山の緑、雲の白、稲穂の黄金に感謝をしましょう。鮮やかな花々、ユニークな昆虫たち、海の中の生き物たちにも感動するだけではなく、それらをお造りになった神様を想い、賛美しましょう。耳を楽しませる小鳥のさえずり、虫たちの歌声、肌をなでる風にも感謝をし、賛美を重ねましょう。私たちが美しさを感じ、心地よさを感じる感性を与えられていることも、感謝しましょう。

 私たち現代人は、あまりにも多くの人造物に囲まれてしまい、神様がお造りになった自然から離れ、神様との交わりが少なくなってしまいました。それが人間の精神の貧困を生み出しています。神様との交わりを楽しみ、神様の臨在を感じられるようになると、長々とした祈りも不要になります。くどくどとお願いする気持ちもなくなります。私たちが神様の大いなるみ手の中に生かされていると感じるだけで、心が安らぐからです。





posted by まさ at 10:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。